パパはフィラデルフィアで研究留学

フィラデルフィアで過ごす家族の生活をist Ds で撮った写真を通して紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CHOP

人気blogランキングをご覧ください。 当サイト急上昇中です

では、U-kun 情報の続きです。
その病院で骨折が判明したのですが、そこの医者がいうには、念のため、専門家に診てもらったほうがいいというのです。つまり、フィラデルフィアの街にあるCHOP( Children Hospital of Pennsylvania)というところに行ってくれというのです。てっきり、そこの病院には専門家がいると思っていたので、驚きました。ただ、そこの病院には小児の整形外科を専門にしている人はいないらしく、CHOPを勧められました。それで、応急処置だけして、夜の8時にその病院を後にしました。
それから近くのWaWaで軽い食事を買って急いでCHOPに向かいました。まず救急のレジデントが診てくれました。それから、しばらくして、上の先生に相談しますといったきりしばらく待たされました。それから、上の先生がようやっとやってきました。その先生がなんらかの結論を出してくれると思っていたのですが、その先生も小児科の先生で整形については分かる人ではないようでした。つまり、それから、整形の医者を呼びました。ただ、そこに来た人もレジデントで最終決定権を持っていないようでした。それで電話で整形の上の先生に相談し、意見を聞いていました。そして、われわれのところに来て、説明を始めました。
以外にも結論は

手術

ということでした。
その前にそのレジデントの個人的意見として、手術はまずしないといわれていたので、上の先生にちょっと電話で相談しただけで、手術といわれてもちょっと納得しがたいものがありました。特にその上の先生はレントゲンの写真を診た訳でもなくて、レジデントの話を電話で聞いただけのようでした。ただ、こっちも知識があるわけではないのでとりあえず納得して手術の予約をすることにしました。翌々日の予約でした。そして、なんともいえぬ不安を抱えてU-kun とともに来るまで帰途に着きました。
続きはまた。

20050827111616.jpg


最初の病院で応急処置をした後のU-kun
スポンサーサイト
  1. 2005/08/27(土) 11:17:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1
<<U-kun 続報 | ホーム | 皮膚科カンファレンス>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2005/08/27(土) 18:26:21 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://philadelphia.blog18.fc2.com/tb.php/39-a0a41367
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

U-kun papa

Yahoo Internet Guide

aaa.jpg
当ブログが、掲載されました。

人気ブログランキング

banner2.gif
人気ブログランキングに登録しています。 写真が気に入っていただけたら、一日一度クリックしていただけるとありがたいです。

FC2ブログランキング

b_02.gif
こちらも一日一度クリックしていただけるとありがたいです

フィラデルフィアの天気予報

Click for Philadelphia, Pennsylvania Forecast

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

BlogPeople

このサイトをリンクに追加 by BlogPeople

ブログランキングドットネット

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

■Counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。